敷嶋復活に向けた歩み

「敷嶋」とは愛知県半田市亀崎町の伊東合資会社にて製造されていた日本酒です。
伊東合資会社は天明8年(1788年)に創業し、かつては全国に名が知れた銘醸蔵でした。

江戸で酒が不足していた頃、亀崎から千石船の直送にて酒を供給し続け、江戸で人気を博しました。
同時期に人気だった江戸の国文学者本居宣長の詞「敷嶋の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」の枕詞から「敷嶋」の名前は生まれました。

 

しかし、清酒需要の低下、手掛けていた卸会社の不調等から平成12年(2000年)に200年超の歴史に幕を閉じることになりました。

 

時は令和2年(2020年)、伊東家9代目伊東優の手によって、愛知県半田市の敷嶋は復活を遂げました。
三重県名張市の福持酒造場様(銘柄:天下錦)にご協力を頂き、タンク1本の「敷嶋 0歩目」が誕生したのです。

「0を1に変える」「亀崎での酒造りが1からのスタートライン」

そういった想いを込めて「0歩目」と名付けました。

また翌年には「半歩目」を製造。
酒蔵復興を決意した0歩目、そしてその1歩目を踏み出す前の、僅かな、でも確かな歩みを実感し、「半歩」と名付けました。


 

 

 

 

 

 

 

 

さて最初の目標だった半田市亀崎町製造の「敷嶋」復活。

廃業時に清酒製造免許を返却しており、先行きが見えないところからのスタートでした。
※需要と供給のバランスから新規免許は発行されておりません(2021年3月末現在)

しかし令和3年3月。
「0歩目」そして「半歩目」を踏み出し様々な方に復活に向けた歩みを知って頂いたことをきっかけに、
ご縁がご縁を呼び、なんと清酒製造免許を再取得することができました。

2021年12月1日、長い時を超えて、半田市亀崎町に清酒製造元 伊東が帰ってきました。
そして、2022年「敷嶋 1歩目」の絞りが行われ、今は多くの方に再び敷嶋を呑んで頂いております。

 

ここまでの歩みはあくまでスタートラインです。
日本酒は日本の食文化の一端を担うもの。
スタートラインを飛び出した以上、これからは「食卓にあって当たり前のもの」を目指してまいります。
そのためにはどのようなお酒であるべきか、どのような酒蔵であるべきか。

そのことを常に考えながら我々は今日も酒を醸し続けます。