敷嶋とは

「敷嶋」とは愛知県半田市亀崎町の伊東合資会社にて製造されていた日本酒です。
伊東合資会社は天明8年(1788年)に創業し、かつては全国に名が知れた銘醸蔵でした。

江戸で酒が不足していた頃、亀崎から千石船の直送にて酒を供給し続け、江戸で人気を博しました。
同時期に人気だった江戸の国文学者本居宣長の詞「敷嶋の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」の枕詞から「敷嶋」の名前は生まれました。

 

しかし、清酒需要の低下、手掛けていた卸会社の不調等から平成12年(2000年)に200年超の歴史に幕を閉じることになりました。

 

時は令和2年(2020年)、伊東家9代目伊東優の手によって、愛知県半田市の敷嶋は復活を遂げました。
三重県名張市の福持酒造場様にご協力を頂き、タンク1本の「敷嶋」が誕生したのです。

一先ずの目標は半田市亀崎町製造の「敷嶋」復活です。
廃業時に清酒製造免許を返却してしまったため、現在製造することはできません。
また、需要と供給のバランスが釣り合っていないと判断されている中、新規免許は発行されません。
現在、酒蔵復活の1歩目を踏み出すために可能性を探っている状況です。

ただ、多くの方のご尽力を得て、「0歩目」は販売することができました。
数をご用意できないため、多くの方に味わっていただくことは難しいかもしれません。
その中で勝手なことを申し上げますが、この歩みを見守っていただければ幸いです。